TOP > 注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅と建売住宅は対照的で、それぞれにメリットがあります。

注文住宅のメリットは、自分の好きな土地に好みの家を建てられるということです。
また、建売住宅のメリットは、比較的安い値段で、買ったらすぐに住み始めることができます。


注文住宅は自由度は高いのですが、希望に合った土地を探すのに苦労している人も多いのです。

一方、建売住宅は土地付きですので、このような苦労はありません。自由度が高い注文住宅は、デザインにこだわった家や、趣味のための家など、グレードが高い家やあまり見かけないような家を建て、個性を出すことができます。

建売住宅では、個性的な家はあまり見かけることはありません。
個性が強い家は顧客層が限定され、売れにくいからです。

少しでも早く在庫を完売させたいので、大勢の方に好まれるような間取りとデザインが多いのです。

函南町の注文住宅についての情報ならこのサイトです。

注文住宅は、住宅を建てることを決断してから住むまでに、早くても10ヶ月、長くなれば2年以上かかることもあります。

その前に、希望に合う土地を見つけ出さなければなりません。



打ち合わせの回数も多く、決断を迫られることもたくさんあります。



しかし、これはデメリットとは言えず、この期間を楽しんでいる人もたくさんいるのです。


予算と時間に余裕があり、家へのこだわりがある人、話し合いながら家を作っていきたい人、家作りのプロセスを楽しみたい人には、建売住宅よりも向いている家の建て方なのではないでしょうか。